Top    About    Novel    GuestBook    Gallery    Mail

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少女惨禍 21話を更新しました

何気に、今回の話は自分で読み返していて面白かったです。
2人のやり取りが甘酸っぱくていいなあ、とw
いいですよね、こういう関係。

話は全く変わりますが、書いている小説を見れば分かりやすいのではと思いますけど私って主従萌えなところがあって、女性同士の主従が大好物です。
どういう経緯で絆を紡いだのかはネタバレになるのでまだ言えませんけど、深い忠誠と信頼で結ばれている叡春と白蘭の主従関係が大好きですし、これから絆を作っていこうとしている雪と碧もたまりません。
幽紫宮のルイザとアンナは、独裁者であるために信頼できる相手がおらず孤独なルイザがアンナのことだけは唯一深く信頼し心を開いていて、他の臣下には許さない諫言や進言も許しているという二人の関係性は我ながら最高すぎて、書いていてずっと萌えっぱなしでしたw
もちろん最も書きたかったのは意図的に恋愛要素を完全排除した濡れ場部分なのですが、事後に少年たちが部屋の外に出された後の二人のやり取りを書くのもまた非常に楽しかったです。
以前ちらりと触れたアラビア風ファンタジーにも主人公の王女アイシャと侍女ライラという主従がいたりして、二人の主従関係という意味でもいつか書く時が楽しみですね。
関連記事

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。